高年式車査定

高年式車査定の走行距離の関係・評価額について

高年式車,査定

 

高年式車査定の走行距離

 

高年式車査定の際のポイントとして走行距離があります。
走行距離の長さはその自動車がどの消耗してきたかを示す数値でもありますので、
過走行の車では故障のリスクも高くなります。

 

 

 

その結果、その車の価値は下がりますので高年式車であっても
走行距離が長すぎる場合は査定額が減額になります。

 

 

 

この走行距離は1万、3万、5万、10万q位で判断され、
一定以上走行している場合は消耗度が高いと判断されます。

 

 

 

通常自動車は年間に1万qくらいの走行が一般的となっており
それ以上の走行距離は負担が強い使用をしていた事になります。

 

乗り換えたいと思ったら早期に査定

 

また走行距離に関しては1000q増えるごとに1万円に減額される例もあり、
走行距離は伸びるごとに車の価値を落としているともいえます。
その為、高年式車であっても売りたい、乗り換えたいと思ったら早期に査定すべきなのです。

 

 

 

査定は無料ですし、現在は複数の業者に出張査定を依頼し比較して
より高い買取価格を提示する業者に売ることも出来ます。

 

高年式車,査定

 

業者によって中間マージンを排除し、より高い価格での買取価格を実現している会社もありますし、
得意な車種では高額買取が可能な場合もあります。

 

 

 

走行距離は使用していると伸びるものですが、1000q単位での判断がされますので
神経質になる必要はありませんが、売ると決めたら早めに行動した方が良いでしょう。

 

 

 

高年式の車はその間新車価格の半額ほどの査定額が期待出来ますが、
条件により下がる場合もありますので注意が必要です。

 

 

 

>>>高年式車が高く買い取ってもらえる理由について