高年式車査定

高年式車査定の査定される比較ポイント

高年式車,査定

 

査定される比較ポイント

 

高年式車は高額での査定が期待出来ますが、
その中でも査定のポイントでより高額になるか減点されるか変わっていきます。

 

外装

・ボディ全体の汚れ、キズ、ヘコミ、塗装の状態
・ボディカラー(人気色であるか)
・エアロパーツ(純・社外品のチェック)
・ナンバープレートの変形、破損
・ネームプレートの確認
・前後左右のガラスの状態
・サンルーフ等の動作確認
・ヘッドライトやテールランプ等のレンズの状態
・ラジオ、テレビ等のアンテナ類の状態
・ドア、パワーウインドウ等の動作確認
・違法改造はないか

 

エンジン回り

・バッテリーの状態
・エンジンオイルの状態
・エンジンの状態
・改造部品の有無
・フレーム等の修復歴の確認
・車台番号の確認

 

シャシ・足回り・下回り

・修復歴(ボディー、フレーム等の主要部品)
・タイヤのすり減り状態/サイズやホイールの傷
・車高や車体の傾き(サスペンション関連)
・タイヤハウスの状態
・マフラーの状態
・オイルの漏れ、にじみ
・各パーツのキズ、ヘコミ、錆など

 

内装・装備品

・ルーム全体の汚れ
・喫煙による影響
・シートやフロアマットの状態
・オーディオ類とスピーカーやカーナビの作動状態
・ハンドルやメーター類
・エアバッグ
・トランクスペースの状態
・スペアのタイヤ
・付属の装備品の状態

 

その他

・メーカー 車種 グレード 年式
・走行距離
・車検証と整備記録簿の内容
・取扱説明書や保証書の書類の有無
・車検満期日までの残存期間
・鍵やスペアキーとドアロックのリモコンなどの有無

 

ざっとこれらが査定項目になるわけですが

 

まず一つは走行距離に関してで、1万qなど一定に目安に達しているかどうか
が評価のポイントになります。一定以上の走行距離に達している場合は
消耗をしている車として、査定額が低めになります。

 

 

 

他の比較ポイントとしては外装の傷の有無や内装の状態なども上げられます。
外装に関しては傷の有無で査定額が変化しますし、内装に関しては
汚れの他に喫煙の臭いやペットの臭いなどの有無がポイントになります。

 

高年式車,査定

 

次の顧客に販売する際、好まれるかどうかのポイントでその他に
足回りなどの状態も良いかどうかで分かれます。

 

 

 

また、定期点検整備記録簿やメンテナンスノート、そして取扱説明書や保証書などの有無も大切です

 

定期点検整備記録簿のような過去の整備状態を記録するような
書類は査定の評価を高くする事がありますし
取扱説明書や保証書の有無は査定の減点対象ともなります

 

 

 

以外に紛失される方が多いそうなのですが
次のオーナーにとって、各操作類や新し機能等を調べる為の重要な資料でもありますし
今までにちゃんと車のメンテナンスをしてきた証明でもあります

 

無くさないように、車検証入れに書類一式、まとめてグローブボックスの中に
いつもしまっておくのもいいかもしれませんね

 

 

 

また高年式車でも改造してしまった場合、純正品の有無で評価も変わってきますので
エンジンや足回りなど改造した場合は純正品もしっかり保管しておきましょう。
改造車が好きな人もいますが、多くの人は純正を好むものです。

 

高年式車として最も評価の高い車

 

高年式車として最も評価の高い車は走行距離も短く、外装なども綺麗な手入れを
しっかりしている車
となります。走行距離に関しては実用車である都合上仕方のないことですが、
メンテナンスや手入れなどは日常的なケアの問題です。

 

 

 

ちなみに走行距離に関してですが、一年間に1万qほどが一般的な消耗度といわれており、
それ以上の走行距離で評価は分かれますが、逆に走らなすぎてもエンジンが
不調になりますので良くないようです。

 

 

 

以上にように大切に車を扱っていれば買取の際も査定額が高くなりますので、
大事な資産と思い使っていきましょう。

 

 

 

>>>高年式の車査定をする人は主にどんな人?