高年式車査定

高年式車は買取?下取り?どっちがお得なのか?

高年式車,査定

 

高年式車の買取と下取り

 

高年式車から乗り換えをする際、新しい車を購入方法する為に
元の車を出来るだけ高く買取して欲しいものです。

 

 

 

乗り換えの際の方法としては買取で新車購入の資金にする方法と、
購入する会社に下取りしてもらいその分値引きしてもらう方法があります。

 

 

 

前者の場合は中古車買取業者など専門の買取業者に依頼する場合が多く、
下取りの場合はディーラーでの対応となる場合が多いです。

 

買取のほうが高く売りやすい

 

中古車買取業者の買取とディーラーの下取りを比較した場合、
中古車買取業者の買取の方が有利になる場合が多いです。

 

 

 

その理由として中間業者の有無があります。
中古車買取業者は自身の独自な販売ルートを持ち、買い取った中古車を
そのまま売ることが出来る為、利益をだす事が出来ます。

 

 

 

比較してディーラーは新車を扱う事が多く、特に専門のメーカーでない場合
販売ルートがない為買取業者にそのまま回す場合もあります。
その為、販売までの業者が絡む数が多い下取りの方が安くなってしまうわけです。

 

高年式車,査定

 

また人気車種の場合、専門で取り扱いをしている中古車販売業者は
より高額で売ることも出来ますので高額買取が期待されます。

 

 

 

ただ不人気車などの場合は買取業者でも価格が安くなっていますので、
下取り価格とさほど変わらない場合もあるようです。

 

 

 

とはいえ、中古車買取業者に買い取ってもらった方が
高く買い取りをしてもらえる傾向にあるのは変わりません。
ですから高年式車を売る場合は買取を選択した方が良いでしょう。

 

 

 

ですが、どの中古車買取業者でも同じ値段で買取をしてくれるわけではありません

 

買取業者によってその時力をいれていて欲しい車種かどうか、また上記で述べた
買取後の独自の販売ルート(海外に輸出、オークションに出品、店頭で販売)
などに販売できる得意な車種であるかどうか
これらの要因で買取査定価格は会社事に変わってきます

 

 

 

ですから複数社一括無料査定サイト等を利用する事で、複数の会社の査定
比較出来ますので、利用すると良いですね。

 

売った車の額で新車に使う資金が変わりますので、そういった点は頑張りたいですね。

 

 

 

>>>高年式車査定の査定される比較ポイント