高年式車査定

高年式車の査定額を少しでも上げる方法・コツについて

高年式車,査定

 

高年式車の査定額を少しでも上げる方法

 

高年式車は査定を依頼する際高額査定が期待される車ですので、
一定以上の査定額が期待出来ます。

 

 

 

ただし、高年式車はさらに査定額を高額にする方法もありますので、
それらの方法を実践する事で愛車の査定額を高める事が出来ます。

 

さらに査定額を高額にする方法

 

一つ目の方法は査定を依頼する時のタイミング、12月などのボーナス時期や
オークションが活発化しやすい3月9月の少し前の時期
そして3月など新生活が始まる前の時期は,年内の内で最も需要も多くなります。

 

 

 

また3月は企業の決算の時期でもありますので
その為、その時期を狙って査定を依頼するのも良い方法となっています。
ですからオークションが活発化しやすい8月、ボーナス時期前の11月
特に決算期前と新生活前の2月3月となります

 

 

 

ただし例外として、夏の季節にオープンカーでドライブしたい方や
冬場の積雪路での走行安定性、操縦性の高い4WD車(四輪駆動車)を使いたい方もいる為、
夏場と冬場に需要のあるこれらのような特殊な車種は、この限りではありませんが、
これらはその需要時期の直前でもよいともいわれています

 

 

 

もう一つは走行距離で3万qなど区切りに達しそうである場合
その前に査定を依頼することで高額査定が期待出来ます。
※総走行距離が1万km、3万km、5万kmなどの区切りに達する前がタイミングとなります

 

 

一定以上の走行距離に達すると車の消耗が進んだとみなされ、
査定額は下がりますので基準手前で査定依頼をした方が良い事になります。

 

高年式車,査定

 

また車を綺麗に保つことも査定額を高める方法ではありますが、
大きなキズや凹みでなければ査定額への影響は少ないです。

 

 

 

凹みなどがあった場合でも修理をする前と修理後の査定額を考えると、修理費用が
高くなってしまう場合も多いです。社内の汚れに関して清潔な方が良いものですが、
外装の傷などと比較すると査定ポイントは低い傾向にあります。

 

 

 

ただ車内喫煙の有無に関しては、
タバコに臭いが車内に染み付きますので禁煙車の方が評価は高いです。
高年式車の評価を少しでも上げる為には、他人が欲しがる状態である必要もあるということです。

 

 

 

また業者によって買取後の独自の販売ルート等の関係もあるため得意車種に違いがある事や
時期や在庫状況によって入荷したい車種も変わってきますので、どの中古車買取業者でも同じ査定結果
になるわけではありません。

 

査定買取業者に依頼するときは、一社だけではなく複数社に依頼する事が重要となります
複数の査定結果を比較する事で、高査定をだしてくれた業者が分かります。

 

 

 

しかし、各査定会社を一軒づつ回るのも大変な労力です
近年では、複数社一括無料査定サイト等がいくつかありますし、複数の会社の査定依頼を一括で申し込め
ますのでこれを利用しない手はないですよね。

 

 

 

ですが、車は置いておくだけでコストがかかりますし、年数に応じて価値は落ちるものです。
その為、高年式車を高く売りたい場合は、売りたいと思った時に早期に査定依頼をしましょう。

 

 

 

>>>高年式車は買取?下取り?どっちがお得なのか?