高年式車査定

高年式車は必ず高価査定してくれるのか?

高年式車,査定

 

高年式車の査定

 

自動車の高年式車は年式が新しい車である事を指しますので、その車の価値は高いです。
ですが実際は買取り業者によって査定の額は異なりますし、時期によっても多少の差は出てきます。

 

 

 

特に年数が経過する毎に自動車の価値は下がりますので、
12月に売却した場合と1月に売却した場合では価格に違いも出てきます。

 

 

 

これは12月がボーナス時期であり、車の買い替えに有利な時期である事や
また年が明けた1月では、一つ年式が古くなってしまうため
価格の差が出てくる要素となっています。

 

査定時期が早ければ早いほど高く売れる

 

基本的に高年式車は高価査定が期待出来ますが、早期に査定を依頼するほど
高い価値が期待出来ます。
また業者によって買取り査定の額は異なりますので、
複数の業者に査定を依頼するのもいいでしょう。

 

 

 

この辺りは手間を取るかより高額を目指すかで方法は違ってきますが、
多少の手間で査定額が大幅に変わるケースもあります。
その為、複数会社に査定依頼を行い自分の車の価値をしっかり把握しておきましょう。

 

高年式車,査定

 

自動車の査定額に要素は年式の他にも走行距離が一般的な目安とされています。
よく10万kmが買取り価格がつくかつかないかの目安と言われていますが、
1万qや3万qも目安の一つとして考えられています。

 

 

 

その為、1万q直前など一定の走行距離に達する前で売るかどうかでも査定額は異なってきます。
高年式車と一言に言っても状態は異なりますし、より高く売る為の要素が複数存在します。

 

 

 

そういった要素を踏まえ早期に査定依頼をすることで高年式車は高価査定がされるようになります。
他に人気車であるかどうかの要素もありますので、購入前に中古車価格を
調べておくのも良いかもしれませんね。

 

 

 

>>>高年式車の査定額を少しでも上げる方法・コツについて