高年式車査定

高年式車の査定をするタイミング・時期について

高年式車,査定

 

高年式車の査定をするタイミング

 

高年式車を売るタイミングは早ければ早いほど良いものですが、
高価買取価格がつきやすいタイミングもあります。

 

 

 

それは4月の新生活を控えた時期である2月から3月などがそれにあたります。
3月は企業の決算期でもありますので、その分売り上げを伸ばそうと
販売台数が増えやすい時期でもあります。

 

 

 

その他に9月も企業の中間決算時期ですので、この時期は買取価格が少し高くなる傾向があります。
自動車の買取価格はオークションなどの相場を見て決められる事が多いのですが、
3月と9月の少し前の時期はオークションも活発化しやすいです。
その為、オークションの価格も上がりやすく結果的に買取価格の上昇につながっていきます。

 

また冬のボーナス期の12月前なども狙い目となります
ですから車を高査定にする為のタイミング・時期としては、2月・3月・7月・8月・11月となります

 

 

また例外として、オープンカーのような夏の季節に需要がある車種や、4WD(四輪駆動車)のような
雪道等で走行安定性のよい車種などはその季節に需要があるため、この限りではありませんが、
その需要季節直前に査定するのも良いとされています

 

 

その他のタイミングとしては、自動車は維持しているだけで費用がかかるものですし、
年式や走行距離が増えるほど価値は落ちていくものです。

 

 

 

売りたいと感じている場合保有しているだけの状態では、
単に価値を落としていくのを見ているだけになってしまいます。

 

売りたいと感じた時に早期に査定を依頼

 

基本的に高額査定が期待できる高年式車では特にその傾向があり、
車の価値が残っているうちに売ることが高く売るためのコツとなります。

 

 

 

売りたいと感じた時に早期に査定を依頼し、
車を買い取ってもらう事が最も良いタイミングとなるのです。

 

高年式車,査定

 

車の状態は良いほど価値もあがりますが、売る前に修理をした場合
修理費用分以上車の価値が上がる事はまずありません。

 

 

 

その為、修理はしない状態でそのまま買取にまわしましょう。
そのままの状態で早めに査定が高く売る良い時期となります。

 

 

 

>>>高年式車になるように見せる自分で出来る事とは?