高年式車査定

高年式車の新車からの値崩れ率ってどのくらい?

高年式車,査定

 

新車からの値崩れ率

 

新車から数ヶ月が経過すれば中古車扱いになり、新車価格から値段は落ちていきます。
特に新車から一年が値崩れが激しい時期であり、高年式車と呼ばれる
比較的新しい自動車であっても値崩れ率は50%になったという礼もあります。

 

 

 

年式が新しい新古車の中古価格は高額でも新車の70%ほどと言われています。
買取価格はさらに低くなり、高年式車でも買取価格は新車価格の50%ほどと言われています。
高年式車であっても中古車扱になることは変わりませんので、価格の値崩れ率は高いです。

 

 

 

新車から一ヶ月位経過しただけでも値崩れ率は5割に達します。高年式車とはいえ、中古車扱い
であることは変わりませんし、その後はゆるやかに価値は低下していきます。高価買取を狙いたい
場合は売りたいタイミングで速やかに査定を依頼した方が良いでしょう。

 

高年式車,査定

 

高年式車は需要も高いですし、業者が欲しがっている車も多くありますので
複数社で査定をしてもらい比較する方法もあります。

 

最初から中古車という選択肢

 

また日本車の方が新車からの値崩れ率が低めな傾向にもありますので、
過度な値崩れを嫌うようでしたら日本車がお勧めとなります。

 

 

 

新車と中古車の差は大きく、高年式車であってもそのあたりの差の違いはありません。
値崩れ率を減らしたいのであれば、新車ではなく最初から高年式車を取得する方法
もあります。

 

 

 

高年式車は程度の良い車が大半ですので、自動車の性能を楽しむのであれば
十分ですから最初から中古車という選択肢もありだと言えるでしょう。

 

 

 

>>>高年式車の査定は持ち込みと出張査定で金額が変わる?