高年式車査定

高年式車、低年式車とは?違いについて知っておこう

高年式車,査定

 

高年式車、低年式車とは?

 

自動車の区別として高年式と低年式という区別があります。
高年式とは古い車のことではなく登録されてから二年から三年位の自動車を高年式、
新しい車と区別されます。

 

 

 

逆に低年式とは登録されてから7年以上経過した車を指し、
長い年数使用した車の事を指します。

 

 

 

本来高年と言えば、高学年という言い方があるように年数を重ねている事を差す表現ですが、
車業界では新しい車を高年式といういい方をしています。

 

高年式と低年式の査定

 

低年式の車は登録されてから年月が経過している為、安全面などの機能が新車と比較し不足していますが、
軽自動車などの場合維持コストの安価さから需要もある状態になっています。

 

 

 

また低年式の自動車は買取り価格も安く、買い替え時に不利になるなどのデメリットもあります。
とはいえ、安価で自動車を維持したい人にとっては低年式の軽自動車は人気が高いですね。

 

高年式車,査定

 

普通自動車に関しては負担する税金も高く、
低年式の自動車では税金が高い為乗り換えをするという人もいます。
高年式の車は買取り価格も高い為、車の乗り換えを行う時に有利な車と言えます。

 

 

 

高年式と低年式の自動車はその名称が高年が数が多い
という常識とは逆となっており、注意が必要な表現です。

 

 

 

車販売の場でも高年式と低年式の言葉は使われていますので、
買い替えや査定の際は言葉の意味を間違え無いようにしていきましょう。

 

 

 

>>>高年式車は必ず高価査定してくれるのか?